会則・細則

HOME | 同窓会概要 | 会則・細則

2021(令和3)年度定期総会において、会則改定の案件を出す予定です。

第1 章 総則 

  • 第1 条 (名称)
    • 本会は筑波大学附属聾学校同窓会(英称Alumni Association of School for the Deaf, University of Tsukuba)
      と称する。
  • 第2 条 (事務所)
    • 本会の事務所は、筑波大学附属聴覚特別支援学校(筑波大学附属聾学校)内に置く。

第2 章 目的と事業 

  • 第3 条 (目的)
    • 本会は会員相互の親睦を図り、もって生活の向上を旨とし、且つ母校の発展を図ることを目的とする。
  • 第4 条 (事業)
    • 本会は前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
      1. 会員の親睦を目的とする各種行事の開催
      2. 同窓会創立記念事業
      3. 同窓会報、同窓会史、会員名簿及びその他図書の刊行
      4. 母校行事の協力
      5. 関連諸団体との連絡
      6. その他、本会の目的を達成するために必要な事業

第3 章 会員

  • 第5 条 (会員の資格)
    • 本会の会員は次の各号の定めるところによる。
    • 1. 正会員
      • 母校の卒業生及び母校に在籍したことがあるもので、理事会が入会を承認したもの。
    • 2. 特別会員
      • 母校の教職員及び母校に在籍する生徒の保護者等、特に本会の事業に賛助するもので、理事会が入会を承認したもの。
    • 3. 名誉会員
      • 本会及び母校に功労のある者で、理事会で推薦し、総会で承認されたもの。また、満80 歳に達した正会員で、理事会が承認したもの。
  • 第6 条(会費)
    • 本会の会費は、細則で別に定める金額とし、その年の9 月末日までに納入すべきものとする。また、すでに納入した会費は返却しない。
      2 名誉会員は会費の納入を免除する。
  • 第7 条 (会員の賞罰)
    • 会員であって本会の名誉を著しく傷つけた場合、または本会の目的に反する行為をした場合、理事会の議決を経て会長がこのものを除名することができる。

 第4 章 組織と運営

  • 第8 条 (役員)
    • 本会に次の各号の役員を置く。
    • 1. 名誉会長 1名
      • 母校校長を推挙する。
    • 2. 会長 1名
      • 本会を代表し、会務を統括する。会長は総会において正会員より選出する。
    • 3. 副会長 2名
      • 会長を補佐し、会長に事故あるとき、その職務を代行する。副会長は、会長の指名により、総会の承認を必要とする。
    • 4. 理事 20名以内
      • 本会の事業運営の責任を負う。理事は正会員より選出する。
    • 5. 監事 2名
      • 本会の業務及び会計を監査する。監事は正会員より選出する。
  • 第9条 (任期)
    • 役員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。
  • 第10条 (会議)
    • 本会の会議は、総会、理事会、特別委員会とする。必要に応じ、理事会の承認を経てその他の委員会を設けることができる。
  • 第11条 (総会)
    • 総会は会長が招集する。
      2 総会は正会員の10分の1以上の出席をもって成立する。
      3 議事は出席者の過半数の議決をもって決定される。ただし、本会の会則改正については出席者の3分の2以上の議決を得なければならない。
      4 総会の議長は、出席者の正会員より選出する。
  • 第12条 (理事会)
    • 理事会は本会の会務について協議執行する。
  • 第13条 (特別委員会)
    • 特別委員会は、特定の事業について理事会の委託を受けてその会務を執行する。特別委員は、理事会の承認を経て会長が委嘱する。
  • 第14条 (支部)
    • 関東(東京、千葉、神奈川、埼玉、茨城、栃木、群馬、山梨の1都7県)以外の地域に居住する正会員は、理事会の承認を経て、会員で構成される支部を設けることができる。
      2 支部長は、支部会員の了承を経て会長が委嘱する。
      3 支部長は、会長に対し、支部の活動及び会計収支の報告義務を負う。
  • 第15条 (顧問及び相談役)
    • 本会に、顧問及び相談役を置くことができる。任期は役員に準ずる。
      2 顧問は、理事会の承認を経て会長が委嘱し、本会の運営について会長の諮問に応じるほか、総会及び理事会に出席して意見を述べることができる。
      3 相談役は、理事会の承認を経て会長が委嘱し、主として母校との連絡及び事務処理に当たる。
  • 第16条 (幹事)
    • 本会に、幹事を置くことができる。任期は役員に準ずる。
      2 幹事は、理事会の承認を経て会長が委嘱する。

第5章 会計

  • 第17条 (資産)
    • 本会の資産は、次に掲げるものをもって構成する。
    • 1. 会費収入
    • 2. 寄付収入
      3. 事業収入
      4. その他の収入
  • 第 18 条( 経費の支弁)
    • 本会の経費は資産をもって支弁する。
  • 第 19 条( 会計年度)
    • 本会の会計年度は、毎年4 月1 日に始まり、翌年3 月31 日に終わる。
  • 第 20 条( 会計予算及び決算)
    • 本会の会計予算及び決算は、総会の承認を得なければならない。

附 則

  • 1. この会則は、平成21 年4 月26 日から施行する。
    2. この会則は、平成26 年4 月20 日から改正施行する。
    3. この会則の運営に必要な細則は理事会で定める。
    4. 第6 条に規定する会費は、平成27 年4 月1 日より発効する。

第1 章 総則

  • 第1 条(目的)
  • 筑波大学附属聾学校同窓会会則附則第2 項により、会則の運営に必要な規定を定める。

第2 章 総会

  • 第2 条(総会の開催)
    • 会員が本会の組織運営に関して協議する総会を毎年1回開催する。
      2. 理事会において必要と認めるときは臨時総会を開催することができる。
      3. 総会の開催宣言は、監事がこれを行う。
  • 第3 条(総会の招集)
    • 総会は会長が招集する。
      2. 総会の招集は、総会の日時、場所及び議題等を示して総会の14 日前までに、本会の会報及びホームページ等で公示しなければならない。
  • 第4 条(総会の議事)
    • 総会では、次の事項について審議する。
      1. 事業報告及び収支決算の承認
      2. 事業計画及び収支予算の審議
      3. 役員改選年度における役員選出
      4. その他本会運営に関する事項
  • 第5 条(総会の議長)
    • 総会の議長は、総会に出席した正会員の中から選出する。
  • 第6 条(議決)
    • 正会員は議決権を有する。ただし、前年度会費を納入していない者は議決権を行使することができない。
      2. 総会の議事は出席正会員の過半数をもって決し、可否同数のときは議長の決するところによる。
  • 第7 条(総会の報告)
    • 総会の議決事項は、本会の会報に掲載して公表しなければならない。

第3 章 理事会

  • 第8 条(理事会)
    • 理事会は、会長、副会長及び理事をもって組織し、会長が招集する。
      2. 理事会は次の事項を議決する。
      • (1) 事業の執行に関する事項
        (2) 資産の管理に関する事項
        (3) そのほか会務運営上必要な事項
    • 3. 理事会は理事の過半数の出席がなければ開会することができない。
      4. 理事会の議長は出席理事から選出する。
      5. 理事会の議事は出席理事の過半数をもって決し、可否同数のときは議長の決するところによる。
  • 第9 条(監事)
    • 監事は、会務及び会計が適正に執行されているか監査を行うとともに、理事会及び総会で報告し意見を述べることができる。

第4 章 会員

  • 第10 条(会費)
    • 本会の会費の額は次のとおりとする。
      1. 正会員
      • (1) 単独会費 年額3,000 円
        (2) 夫婦会費 年額3,000 円
        (3) 高齢会費 年額1,500 円
         (4 月2 日現在満70 歳以上であること。満70歳以上の高齢夫婦も含む。)
    • 2. 特別会員
      • (1) 単独会費 年額3,000 円
        (2) 高齢会費 年額1,500 円
          (4 月2 日現在満70 歳以上であること。)
    • 3. 名誉会員 会費免除
  • 第11 条(会員)
    • 会員には、第10 条に定める会費単位に合わせて会報等発行物1部を配布する。
      2. 高齢会員について、4 月2 日現在満80 歳以上になった者は、会員本人の会員届があって理事会で承認すれば、名誉会員となり会費納入は免除される。
  • 第12 条(会員の異動)
    • 会員に次の異動があった場合、本人または遺族、関係者は速やかに本会に届け出るものとする。
      1. 転居・住所表示の変更
      2. 婚姻等による改姓・改名
      3. 死亡
      4. その他

第5 章 会計

  • 第14 条(資産の分類)
    • 本会の資産は、以下の通り一般会計と特別会計に分けて、それぞれ運用するものとする。
      • (1) 一般会計 会費収入、事業収入、寄附収入、その他の収入
        (2) 特別会計 同窓会基金、山尾賞基金、中馬賞基金、記念事業基金、特定の支出のための積立金等
  • 第15 条(特別会計基本財産に対する制限)
    • 特別会計は担保に供することができない。
      2. 多額の特別会計支出が必要になる場合、会長は次年度総会において提起し、会員の承認を得なければならない。ただし、緊急を要する場合はこの限りではない。
  • 第16 条(資産の管理)
    • 本会の資産は会長が管理し、金融機関に預金する等安全確実な方法により、会長が保管するものとする。
      2. 本会の収入及び財産は会員に分配することができない。
      3. 本会の会計はそれぞれ定められた方法によって運営する。
      • (1) 一般会計 当年度総会で承認された収支予算にしたがって運営するものとする。
        (2) 特別会計 特別会計の支弁について、理事会の承認を得て経理することができる。ただし、次年度総会において会長は特別会計の収支を報告しなければならない。
  • 第17 条(決算及び予算)
    • 会計担当は毎会計年度の決算報告を作成し、会計監査を経たうえで総会に提出し、その承認を得なければならない。
      2. 会計担当は次年度予算を作成し、総会に提出してその承認を得なければならない。
      3. 監事は会計収支及び決算について、総会において監査報告をしなければならない 。
  • 第18 条(仮払金)
    • 本会担当理事は、事業遂行のために定められた予算で必要な金額を仮払金として受けることができる。事業遂行後、すみやかに残金と証憑類を提出しなければならない。
  • 第19 条(会計簿冊、書類)
    • 会計の収支原簿及び証拠書類は、会計担当が責任を持ってこれを保存しなければならない。

附 則

  • 1. この細則の改廃は、理事会の議を経て総会の議決を要する。
    2. 但し、平成26 年4 月に廃止された10 年会費は、令和5 年3 月末日までの間、猶予措置として存続するものとする。
    3. この細則は、平成27 年4 月18 日から施行する。
    4. この細則は、平成30 年4 月21 日から改正施行する。
    5. この細則は、平成31 年4 月20 日から改正施行する。